みどりの部屋で・・・

気まぐれに更新中。感じたことを感じたままにつづっているため、支離滅裂。ご容赦ください。
<< いいわけですが。 | TOP | 自分を知らない自分の話 その弐 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | -| - |
    自分を知らない自分の話
    0
      自分のことを自分で理解している人は意外といないという話を友と朝の5時まで語り合いました。
      彼女との距離をまた少し縮められたような気がしました。

      先日、お伝えした友達の結婚お祝いパーチー後の出来事でございます。

      その話をする前に、まずはパーチーでの事をちらりと…。

      本当に良いパーチーでございました。
      手作りの温かさと、彼女や彼女の旦那さまを愛する皆さんの温かさと、春の京都の夜の温かさで終始、汗ばむ温かさでした。
      む、なんか、気持ち悪い表現。
      まぁ、よい。

      とにかく、始まりから終わりまでとても楽しく、嬉しく、たくさん笑って、たくさん涙も流しました。

      余談ですが、今年の5月は嬉しくて涙を流す事が多かったな。
      うん、良いことだ。

      私が彼女を好きな理由がようやく分かったような気がしたパーチーでございました。
      そして、私が彼女をどれだけ好きか分かったような気がしたパーチーでございました。

      お招きいただきましてありがとうございました。
      これからも末長くお幸せに
      あなたの幸せは私の幸せです。


      さて、話は始めに戻りまして、自分を知らない自分の話。


      あ〜…。なんか何って言いたかったか忘れちゃったよ。
      また今度にしてもいい?
      お付き合いいただいたのにごめんなさい。
      またの機会を心待にしております。
      23:12 | ちょっとした話 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
      スポンサーサイト
      0
        23:12 | - | - | -| - |
        コメント
        コメントする










        この記事のトラックバックURL
        http://in-greenroom.jugem.jp/trackback/96
        トラックバック