みどりの部屋で・・・

気まぐれに更新中。感じたことを感じたままにつづっているため、支離滅裂。ご容赦ください。
<< 昨日の話を今日、認めておかないと忘れてしまう歳になりました | TOP | 1/2 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | -| - |
    名前を呼んでやる
    0
      探し物をするとき、無意識に探してるものの名前を呼びながら探しますよね?
      私は探します。

      子供が迷子になったとき、子供は大概、お母さぁん!と言って泣きますよね?
      私は泣いたか覚えてませんが、そもそも迷子になどなった記憶がございませんが、そういう子供を目撃したことはあります。

      贔屓にしているアイドルがTVで歌を歌っているのを観たとき、そのアイドルの名前を呼んで、騒ぎますよね?
      私はYUKIがテレビに出てるとYUKIに聞こえるわけもないのについ呼び掛けます。

      『名前を呼ぶ』という行為の意味について考えてみた。
      なぜ名前を呼ぶのか??
      ひとつの理由として、名前を呼ぶことで相手に気がついてもらうため。というのがありますが、先程私があげた3つの例はいずれも相手がそばにいないので、他にも理由がある気がします。
      じゃあ、なんだろう?
      考えて私なりに出した答えが、名前を呼ぶことで相手が近くにいるような気がするからじゃないかと思ったわけです。


      探し物をするとき、名前を呼びながら探す方がその物をしっかり感じることが出来て早く見つかるような気がします。
      迷子の子供はお母さんの名前を呼ぶことで、お母さんを近くに感じることが出来てほんの少し安心します。
      そしてアイドルの名前を呼ぶとその人が目の前にいるみたいに感じることができます。

      なるほど、そういうことだったのか!
      それを近くに感じたいときは名前を呼んでやればいいのですね。
      遠くにいても近くに感じられる。
      名前ってすごい力をもっているのですね。

      だから、大切なものには名前をつけるのでしょう。

      ちなみに私の愛車はセシルといいます。
      携帯はコジロウ。
      昔乗ってた原付はドロシー。
      iPodは虫鹿さん。
      22:51 | ちょっとした話 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
      スポンサーサイト
      0
        22:51 | - | - | -| - |
        コメント
        コメントする










        この記事のトラックバックURL
        http://in-greenroom.jugem.jp/trackback/102
        トラックバック