みどりの部屋で・・・

気まぐれに更新中。感じたことを感じたままにつづっているため、支離滅裂。ご容赦ください。
<< 待つことを楽しむ。の巻 | TOP | 名前を呼んでやる >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | -| - |
    昨日の話を今日、認めておかないと忘れてしまう歳になりました
    0
      昨日の話ですが、高専の時にお世話になった恩師の退官記念祝賀会に出席しました。
      先生の最終講義(先生的にはまだまだ中間発表だそうですが)の内容は正直、半分も理解できなかったけど、いい会だったと思います。
      みんな笑ってて、楽しそうで、研究室第1期の先輩なんて、親くらい年が離れてるけど、そんなおじ様達の顔も、先生と思い出話してるときは、学生みたいな顔して笑ってた。
      感極まって涙が出る予定が出ませんでしたが、本当に参加してよかった。

      さて、その前日(一昨日)には毎年行われる研究室の同窓会というものがありました。
      1年に1度しか会わないけど、まぁ、強烈な個性の持ち主が集結していて毎年楽しませていただいております。
      今年も例年通りおじ様方にお付き合いさせていただき(私、飲めないのに3件目まで…)人生とは何かについて手解きをいただきました。
      ためになる話ばっかりではないけど、ためになる話ももちろんあって、充実してました。
      最後の方は酔っぱらいすぎて全くなに言ってるか分からなかったけど…。
      心配されたり、期待されてるんだって事はひしひしと伝わってきて嬉しかったです。
      親くらいの歳で、親でもなく、会社の上司でもない大人にそういう風に接してもらえる事ってあまりないですからね。

      で、気が付いたら1時半。
      ということで、3件目まで残っていた若手5人で仲良く家路につくことに。
      時間が時間なので、セシルがみなさんを送り届けます。
      垂井→大垣→各務原→一宮
      約2時間の長旅でそのうち半分くらいは先輩に説教されてました。
      私が悪いから反論もできず…。
      しかしながら、久しぶりに会った先輩は学生の頃と少し変わってて、超大人になってました。
      説教も、すごくすんなり入ってくる内容で、話せて本当によかったです。
      ありがとうございました。
      また、お盆に集まりましょう。
      あと、うちの会社に仕事ください。
      20:26 | ちょっとした話 | comments(1) | trackbacks(0)| - |
      スポンサーサイト
      0
        20:26 | - | - | -| - |
        コメント
        わーなんかいいなー
        いいなー
        2011/06/14 10:20 AM by aico
        コメントする










        この記事のトラックバックURL
        http://in-greenroom.jugem.jp/trackback/101
        トラックバック